no-image

ザイザルは花粉症の症状を改善する薬

ザイザルの主な副作用は眠気

ザイザルは主に、花粉症などのアレルギーが原因として起こる症状を改善するために使われる薬です。抗ヒスタミン薬に分類される薬で、体内のアレルギー反応を抑える作用をもち、蕁麻疹や花粉症、喘息などに有効です。

ザイザルは飲み薬で、基本的に1日1回5mgを飲みます。1日の用量の限度は10mgです。

ザイザルの主な副作用は眠気、頭痛、疲労感、倦怠感です。他にも吐き気や口の渇き、めまいなどが起こる恐れもあります。これらの症状は軽いものですが、服用後は自動車の運転や機械操作など、危険が伴う作業は避けましょう。

中には呼吸困難や黄疸など、重篤な症状が出る場合もあります。体調に違和感を感じたり、花粉症の症状が改善されない場合は、すみやかに医師の診断を受けましょう。

一緒に飲んではいけない薬があるので注意

ザイザルは、花粉症などアレルギーが原因で起こる症状に有効な薬ですが、他の薬との飲み合わせに注意する必要があります。

テオフィリンは、ザイザルの有効成分であるセチリジン塩酸塩が吸収される量を増加させ、副作用のリスクを上昇させます。リトナビルも同様です。ザイザルとピルシカイニドを併用すると、セチリジン塩酸塩の血中濃度が上昇します。

さらに、中枢抑制剤やエタノールと併用すると、中枢神経に影響を与える可能性もあるのです。

これらの薬はいずれも、ザイザルの副作用が起こるリスクを高めます。今飲んでいる薬がザイザルと併用して大丈夫かどうか、不安な場合は医師に相談しましょう。

ビールやウィスキーなど、アルコールもザイザルの副作用を強めてしまいます。ザイザルを服用している間は、アルコールを控えましょう。