no-image

ザイザルは花粉症を治療する抗ヒスタミン薬

ザイザルはヒスタミンを抑制する薬

花粉症は、ヒスタミンという物質によってアレルギー症状が起こる病気です。抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの働きを抑え、鼻水などの症状を軽減します。花粉症の治療に使われる薬、ザイザルも抗ヒスタミン薬に分類されます。錠剤タイプとシロップタイプがあるのが特徴です。

花粉症の薬はたくさんあります。その中でもザイザルは他の薬に比べて症状を抑える効果が高く、副作用の眠気があまり出ないように改良されています。副作用が少ないザイザルは、大人だけでなく生後6カ月の赤ちゃんから使用できる、安全性の高い薬なのです。

ザイザルは花粉症だけでなく、蕁麻疹などヒスタミンが原因で起こる皮膚の病気にも効果があります。効果は24時間以上続くことが確認されているため、服用回数は1日1回が基本です。服用からおよそ1時間で効き目が出てきます。もしザイザルを飲んでも効果が感じられない場合は医師と相談しましょう。

検査でアレルギーの原因を知ることが大事

アレルギーを引き起こす物質は人によって違います。たとえば、花粉症の原因は、「花粉」とひとまとめにしてしまいがちです。しかし、スギにだけ反応する人もいれば、ブタクサやヒノキが原因で花粉症を発症する人もいます。花粉症を起こす花粉の種類は非常に多く、人によっては、春は何ともなくても秋になると発症するということもあります。

花粉だけでなく、ハウスダストや化学物質などもアレルギーの原因となります。アレルギー症状を抑えるためには、自分の身体がどの花粉に反応するのか、検査ではっきりさせることが重要です。

アレルギーを抑えるためには、抗アレルギー薬が有効です。抗アレルギー薬の中でも、ザイザルはヒスタミンを抑える薬です。症状を緩和する効果が高く、眠気などの副作用が少ないですが、アレルギーの原因がヒスタミンでなければ効果がありません。

アレルギーによる病気の治療は、病院で検査を受けましょう。アレルギーの原因を調べてもらい、適切な薬を処方してもらい、早めに治療をはじめることが重要です。