no-image

花粉症の薬ザイザルのジェネリック医薬品

ザイザルはジェネリック医薬品で費用を抑えられる

花粉症の治療のために、病院で医師に相談した場合、多く場合ザイザルを処方してもらえます。

一方、ザイザルは市販されておらず、まとめて買うといったことができません。病院に行く時間がなかったり、安く購入したい場合は、ザイザルのジェネリック医薬品を検討してみましょう。

ジェネリックとは後発医薬品のことで、特許の切れた成分を使って、元の製品と異なる製法で作られた医薬品です。成分の研究、開発費がかかっていないため、安価なのがメリットです。ジェネリック医薬品は、安いものなら1錠当たりの単価がザイザルの半額以下になります。

ジェネリック医薬品には、ザイザルと同じ有効成分のレボセチリジン塩酸塩が含まれています。そのため、ザイザルと同じ効果を得られます。今までザイザルを服用していた人でも使いやすいでしょう。

有効成分が同じため、ザイザルと同様に倦怠感や眠気といった副作用が起こります。しかし、ザイザルは元々、副作用の少ない第二世代の抗ヒスタミン薬のため、過度に心配することはないでしょう。

ザイザルのジェネリック医薬品は個人輸入で入手

ザイザルにはヒスタミンH1受容体拮抗作用があり、花粉や食品によるアレルギー症状を緩和する効果があります。

服用してすぐに効果があらわれるため、予防だけでなく、発症後でも鼻水やくしゃみといった症状を抑えられます。花粉症は春先から流行するものがほとんどです。しかし、花粉は一年中飛んでいるため、アレルギー症状のある人は常備しておくと安心です。

ただし、ザイザルは病院の処方を受けないと購入できません。常備したい場合は個人輸入の通販サイトを使い、海外から取り寄せる必要があります。

個人輸入であればザイザルだけでなく、同じ効果でより安価なジェネリック医薬品も入手できます。また多くの場合、まとめ買いすると割引が適用されます。ザイザルを使うことが多い人は、個人輸入を利用すると良いでしょう。