つらい花粉症はザイザルで治療する

花粉症の治療にはザイザルが効果的

毎年花粉が飛散する時期になるとつらい症状に悩まされるのが、花粉症です。鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど症状はたくさんありますが、そのメカニズムはどれも同じです。

基礎知識として、免疫の仕組みをしっておきましょう。人間の体は異物が入って来たときに免疫反応によって体を守っています。

細菌やウイルスなどが異物に当たるのですが、花粉にも反応してしまい、排除しようと免疫が働くのが花粉症のメカニズムです。

最初に体に入って来たときではなく、異物として認識され再び体の中に入ってきたときに発症するというのが特徴です。

そのため、大人になってから発症する人も少なくありません。くしゃみや鼻水などはアレルギー反応で、ヒスタミンという物質が関わっています。

そこで、ヒスタミンの働きを抑制することで症状を和らげるという考えで作り出されたのがザイザルという薬です。

最初に作られたヒスタミン抑制剤は眠気や口が乾くなどの副作用が強く出るものでした。そこで、ザイザルは副作用を抑えた第二世代のヒスタミン抑制剤として誕生しました。

効き目は中程度以上持っているのに、眠気などの副作用を抑えているので仕事や学業などの日常生活に影響を与えにくい薬です。

ザイザルで治療の前に花粉症とは

花粉症の症状は、目のかゆみや鼻水、くしゃみといったものです。風邪の症状とも似ていますが、細菌やウイルスが原因ではないので、サラサラした透明な鼻水が特徴です。

花粉という異物が体に入ってくるのを防ぐための免疫反応で、鼻水や涙で洗い流す、くしゃみで吹き飛ばすことで花粉から身を守っています。

しかし、鼻水やくしゃみというのはつらいものです。そこで、原因となるヒスタミンを抑える薬が病院で処方してもらえます。

花粉症の治療法としてザイザルはよく使われる薬で、市販薬ではないので病院へ行き医師に処方してもらう必要があります。

大人であれば、1日に1回寝る前に飲むだけなので働いている人も飲みやすい薬です。花粉症はアレルギー体質の人であればだれでもなる可能性があります。

花粉が異物と体が認識し、免疫システムが働くまでは症状がまったくでなかった人も、ある日突然反応するというのは非常に多いことです。

花粉症の目のかゆみやくしゃみなどの状態は、人によって現れ方が異なります。薬を飲むことで反応を弱め、つらさを軽減することが可能です。

ただ、飲み続けなければ効果はなくなってしまうので、処方された薬は毎日飲み続けるようにしましょう。

花粉症の治療薬ザイザルの服用方法

ザイザルはアレルギー症状の原因であるヒスタミンの働きを抑えることで花粉症の症状を緩和させます。また皮膚の疾患の治療などでも使用できます。

蕁麻疹などといった症状もザイザルの抗ヒスタミン薬で改善が期待できるのです。服用方法は、1日一回5ミリグラムの用量を就寝前のタイミングで飲みます。

というのも第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されるザイザルは、眠気の副作用があまり現れないという点が特徴なのですが、しかし全く現れないということはないからです。

0.1%から5%未満の頻度で眠気や倦怠感の倦怠感が出る可能性があるので、眠い就寝前に飲むようにするとよいでしょう。効果がほぼ一日中続くので、それだけ飲めば十分です。

起きてからも一日中効果があります。使用後の1時間後が最も効果が最大になりますが、花粉症のせいで寝られないなどと言ったことも就寝前に飲めば起こりにくくなります。

持続は最大32時間以上と言われていますし、24時間以内ならば確実に効果が持続します。眠気は絶対ないと言ってもやはり運転などをするときは服用できるだけ控えるようにした方が良いでしょう。

アルコールとの飲み合わせにも注意が必要です。アルコールに影響を受けてザイザルの効果が強まってしまう危険性があるからです。服用中は飲酒を避けるようにしましょう。

花粉症の治療薬ザイザルの価格

花粉症が辛くてどうにかして症状和らげたいという方は、花粉症の市販薬などに頼る場合があると思いますがそれとザイザルの価格はどのように差が出るのでしょうか。

例えば花粉症の処方薬である「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」がありますが、こちらは1日あたりの価格が188円と162円です。

これらは非常に強力ですが一方で副作用の眠気などが起こることがよく問題視されています。一方でザイザルは副作用が少なくなり飲むことに不安が減りましたが、価格は1日あたり150円とかなりお手頃です。

日本人向けの個人輸入サイトで販売されていて20錠入りのものがだいたい3000円前後で売られているので、1錠あたり150円前後です。

ちなみに病院の処方薬の値段は一錠あたり105円程度ですが、通院の手間と診察料がかかることも考えると通販でザイザルを購入するほうが安く済みます。

どうしてもお仕事などで病院へ行く時間が取れない人などは、ネット通販の方を利用するよう検討されることをお勧めします。

ただし副作用などが起きた時は自己責任になることを注意しておきましょう。